お借り入れスポット検索!

開業資金の借り入れ

個人事業主で借り入れを行うためには、大手企業と異なり、個人事業主は経営体でありながら、社会的な信用力が低く見られがちです。
そのため、資金の借り入れをしたい場合でも、銀行からは門前払いを受けるかもしれないと心配している個人事業主も多いでしょう。

しかし実際は、個人事業主でも金融機関からの借り入れは可能です。
代表的なのが「日本政策金融公庫」です。国の信用力を背景に、低利で貸し付けしてもらえる金融機関です。
また、一般の金融機関でも、「信用保証協会」の保証付融資を活用すれば、同様に低利で借り入れすることが可能です。
「信用保証協会」は都道府県単位で設置されており、一般銀行が個人事業者などに貸し付ける際に、保証をつけてくれるものです。

こうした金融制度の説明や事業資金の借り入れ相談については、各地域の商工会議所や商工会に窓口があり、気軽に相談に応じてもらえます。
資金借り入れの情報以外にも、補助事業や制度活用の情報も提供してもらえますので、一度相談してみることをお勧めします。
ただし、こうした公的な制度を利用する場合には、各種の税金を滞納していないことを示す納税証明書などを求められます。
また、事業内容や事業計画に信用性がなければ、もちろん借り入れもできないので、健全な経営を目指すことが当然求められます。

早く個人事業を始めたいときは借り入れしましょう

脱サラして個人事業を始める計画を立てている人もおられるでしょうが、予想以上に資金が必要なことがわかったので、これまでの蓄えや退職金だけでは足りないようなこともあるかも知れませんね。
しかし会社を退職してしまった後では、今さら戻ることも出来ないので困ってしまいますが、そんなときにはローン会社から借り入れすることをおすすめします。
借り入れすると、もちろん後で返済しなければならないので、出来るだけ低金利で返済計画が立てやすいところから借りるようにしたいですね。

数あるローン会社の中で低金利と言えば銀行になりますが、銀行は審査が厳しいので、借り入れを申し込んでも不合格の通知が来る場合があります。
そこで諦めると終わってしまいますから、そんな場合は銀行ではなく、消費者金融に申し込むようにしましょう。
消費者金融でももちろん審査が行われますが、銀行に比べるとそれほど厳しくはないので、スムーズに合格となる場合が少なくありません。
ですから銀行で借り入れを断られた方は、そこで諦めることなく消費者金融に申し込めば、個人事業で必要な分だけのお金を手に入れられる可能性があります。
消費者金融にも低金利で借り入れできるところがあるので、ぜひチャレンジしてみてください。

借り入れの際に提示が必要となる事がある年商

多くの人が生活において、お金を必要としますが、思いもよらない金額が必要になる時もあります。突然襲ってくる事故や、病気などにかかる費用がそれにあたります。しかし、そんな時に手持ちがなかったり、貯金がなかったりという事は、少なくありません。

そんな時は、金融機関から借り入れを行う事をおすすめいたします。金融機関とは、主に銀行や消費者金融の事を言い、ここで借り入れを行う事によって、手軽にお金を手に入れる事が出来ます。もちろん利子をつけて返済しなければなりませんが、手持ちがない時にお金が手に入るのは、とても便利な物となるでしょう。どのような金融機関でも、まず借り入れを行う際には審査を行う必要がありますが、金融機関の一つである、銀行から借り入れを行う際の審査には、年商を提示する必要があります。

これは、金融機関である銀行も、キャッシング業務を利益目的として行っているためであり、しっかりと返済できると判断されなければ、借り入れをさせてもらえないからです。年商がいくらくらいなのかという事は、返済能力があるかどうかにおいて、とても重要な物となります。また、この年商の額によって、借入れ額まで決まる事もありますので、借り入れの際にはとても重要な要素となります。