お借り入れスポット検索!

アルバイトでも借入できる?

一般的なキャッシングやカードローンで低金利で借りられるところというと、やはり銀行が最も多くなります。銀行の融資は消費者金融に比べると、審査がやや厳しく、融資までに時間がかかるというデメリットもありますが、低金利という面で言えば非常に大きな差がありますので、できるだけ安く借り入れをしたいという人にはおすすめです。ただし、低金利で融資をするということは、相手に対してある程度支払い能力の信頼性があることが条件になっていますので、職業や勤続年数によっては利用できない場合もあります。銀行の場合は、やはり収入が最も安定している公務員などの人には住宅ローンでも低金利で融資を行う傾向にあり、キャッシングなどの審査も通りやすくなっています。とはいえ、低金利の少額融資であれば、安定した職業とある程度の勤続年数があれば比較的誰でも審査に通るようになっていますので、これまでにブラック扱いになったことがなく、比較的信頼性のある仕事をしている人に対しては、問題なく利用できるでしょう。フリーターやアルバイトなどをしている人の場合、銀行の融資はケースバイケースですが、大手の消費者金融にも低金利のところがありますので、そちらも検討しましょう。

借りられる資格を持つ人

お金を借りることができるのは、無条件というわけではありません。
お金を借りることができるのは、資格というか条件があります。

まず、低金利うんぬんというよりも、お金を借りることができない人というのがいます。
いわゆるブラックリスト入りしている人には、この資格がありません。
自己破産をしている人はもちろん、債務整理をしたり延滞を繰り返している人などが、これに相当します。
また、無職の人もほとんどの会社で断られるケースが出てきております。派遣会社にでも登録してあれば、状況は異なりますが。他に、あまり年齢が高すぎてもいけません。
これは会社によっても異なりますが、70歳以上の人は新規の借り入れができません。

これらの条件を踏まえたうえで、低金利でお金を借りられる人といえば、公務員の人です。公務員というのは、雇用が最も安定している職業です。
公務員と行っても、何も国家公務員でなければならないというわけではありません。

地方公務員であろうと、雇用は安定しております。収入があまりないとしても、地方公務員であれば、低金利でお金を借りられる可能性がもっとも高いということなのです。
収入が多い芸能人よりも、その可能性が高いほどです。